トップ

写真を御覧になって御解りの通り

軒裏がタキロンの上に続いています

軒の出が40センチ、樋が10センチ

計50センチ奥に外壁が10センチの巾で10メーター続いています

見本

腕がやっと入る位の巾しかありません

普通この様な所はタキロンの両側だけ50センチくらい塗り込み

後は軒裏の材料で塗ってしまいます

その理由として

①手間が省ける

②さほど条件の厳しい所ではないので

軒裏、外壁どちらの材料で塗っても耐久性は同じ

③タキロンの上に登らない限りこの場所は見ることは出来ない

④透明なタキロンではないため下からも見ることは出来ない

おまけに壁はダメコミの難しい掻き落しです

10人中9人までは

この部分の塗料を使い分ける事はしないでしょう

見本

ちなみにこれは応援に来てもらった方の仕事振りです

さすがです

見本