トップ

施主にとっての良い塗装業者とはどのような業者のことを指すのでしょうか?

先ず思いつくのは、「仕事が丁寧なこと」

おそらくこれだと思うのですが、果たして本当でしょうか?

仕事が丁寧かどうかどこで判断するのでしょうか?

たいがいの方は昼間は仕事に出かけていて留守で

帰って来るのは私たちが現場を去った後です

そこで施主が判断できるのは、工事の進行状況だけで

仕事の丁寧さではありません

仕事が丁寧かどうかを判断できるのは、施工した職人と同じか

或はそれ以上のレベルの職人だけで、もし施主がその時点で

「この塗装業者はいいかげんな仕事をしているな」

などと思うようでしたらその業者は、余程ひどい業者だと言わざるを得ません

ご存知のように塗装と言うのは

車やテレビを買うのとは違います

物を買う場合はそれぞれのスペックを調べ

手に取り、見比べ、判断することが出来ます

しかし建築塗装と言うものはそういう訳には行きません

では何を持ってよい業者と言うのでしょうか

皆さん胸に手を当てて良く考えて見てください

それはひょっとして値段の安さではないでしょうか

私を含め、たいがいの人はこの値段が安いということに対し

大きな魅力を感じるのではないでしょうか

そこそこの仕事をしてくれれば安い方が良い

しかし堅実な仕事をしてそこそこの値段であれば申し分ない

どうでしょうズボシではありませんか?

堅実な仕事でそこそこの値段

はたしてこれが両立するでしょうか?

とても難しい事ですが実はこれを両立させ得る方法が

1つだけあります

詳しいことはトップから入る

「塗りの方法」

を御覧頂き、このページの続きとして下さい