トップ

手前味噌になってしまいますが、やはり

個人営業でやっている規模の小さな店が良いかと思います

もちろん地元での実績は必須です

具体的に言うと親方も含めて2,3人で

仕事を回している店がベストでしょう

それでは個人営業の町の塗装店の、どこを見て選べば良いのでしょうか?

私は自分だったらどうするか

と言う観点から探って見ました

御自宅の塗り替えをお考えになっているような方は

ある程度の年齢に達しているだろうし

それなりに世間も広いはずです

勤め先の人間、友人、親戚、町内の知り合い、奥さんのお友達、等々

その中から以前塗り替えをした事のある人を、ピックアップして見ましょう

必ず何人か居る筈です

その中から大手リフォーム会社または大手塗り替え業者による施工を除外します

残った中から自宅から車で1時間30分以内の所にある業者を選びます

どうでしょうあなたは何社残ったでしょうか?

何社か残った人は施主にその業者の事を詳しく聞いて見ましょう

例えばその作業態度や人柄、仕事振りなど

そしてここでまたふるいにかけます

しかしこの時、施工価格に気を取られていてはダメです

重要な事は

「施工価格は最後まで業者選択の基準にはしない」

という事です

そして最低でも2社は必ず残しておいて下さい

さて2社残ったとしましょう

早速その2社に電話を入れる訳ですが、その時には必ず

「~さんの紹介で」

というフレーズを入れるようにして下さい

小規模で運営しているような所は飛び込みの客を

とかく警戒しがちです

さていよいよ見積書を見る訳ですが

その時は必ず見積者にも同席してもらうようにしましょう

見積書には工事に関わる情報は

最低限しか書かれておりません

疑問に感じた事は逐一、見積者に聞いて見ましょう

例えば・・・・クラック処理一式

等と書かれていた場合は

「どの程度のクラックをどのような工程で処理するのか

また上塗り材にこの塗料を選んだのはナゼか?

それよりももっと安い(高い)材料ではダメなのか?

ここで大事なのはあなたが十分納得

或は理解できる説明をしてくれるか否かです

そして施工者(見積り者)が仕事に対し明確なビジョンを持っているか、否か

「工事の事はうちにお任せください

必ずや納得の行く施工をして御覧に入れます」

等、質問とかけ離れた答えしか出来ないような業者は問題外です

早々にお引取り願いましょう

さあ2社の説明を聞き終わりました

どちらに発注するか決めるのはあなたですが

どちらに発注するにせよ良識ある人間の礼儀として

発注しなかった方の店にも断りの電話ぐらいは入れるようにしましょう

それでは御健闘をお祈りいたします