トップ

危険な塗装業者の広告の特徴として挙げられるのは

ほぼ全部の業者が

十把一絡げ的な価格設定をしている事です

この様な情報はこれから塗り替えを考えている人にとっては

ありがたい情報かもしれませんが

家の塗り替えは大売出しのワゴンセールとは違います

確かに上記のような条件であれば

だいたいこの位の予算で出来る

と言うような見当はつけることは出来ますが

それはあくまでも参考に過ぎず

本当の見積りは実際に現場を見るまでは

解からないのが普通です

しかし彼らはこの様ないいかげんなデータを

堂々と広告に載せています

これではまるで

「うちの店にはまともな見積りの出来る人間は一人もいません」

と公言している様で

見ているこちらが恥ずかしくなってしまいます

ひどい所になると

「窓枠一箇所¥4000~」

等と書いてある広告がありますが

なぜ、この様に曖昧な書き方をするのでしょうか?

この様ないいかげんなマニュアルに沿って書かれた見積書に

いったいどれくらいの

真実があるのでしょうか?

塗装工事は流れ作業ではありません

見積りから始まり足場の撤去まで

全ての工程に経験と技術が要求されます

マニュアルで書かれた見積書には

マニュアル通りの施工しかすることは出来ません

例え施工途中に重大な欠陥を見出したとしても

施工者はマニュアル以上(見積書以上)の工事をする事はありません

それに関わっていては利益が出ないからです

これは明らかに見積もり者の見落としだと解かってはいても

それを口に出す事はありません

なぜならば見積り者は彼らの上司だからです

見積り者よ施工者たれ