トップ

このような真壁の塗装は

今やローラーを使って塗ってしまう事が多いので

塗りに関しては、さしたる問題はありません

そこで今日は下地ごしらえについて

お話いたします

見本

真壁の塗装で一番厄介なのが、これでしょう

少ない量だったらテープ養生をして

パテやシーリング等で補修します

しかしこれが全面にわたっていたらどうでしょう?

6畳間一室でも50M以上あります

捨てテープを貼るだけでもかなりの手間が掛かります

特にアパート等の塗り替えは

そんなに予算を掛けないのが普通です

だからといって見過ごす訳にも行きません

見本

このような時はテープ養生なしの

一発勝負でシーリングを入れます

見本

シーリングを入れるといっても

このようにアールにしてはいけません

壁のコーナーなら、これでも良いかも知れませんが

柱とのからみには使えません

見本

柱とのからみの部分はこの様に入れていきます

見本

口金のカットの角度はこれくらいです

これよりも角度が少なくてもOKです

要は余り斜めにカットし過ぎないようにして下さい

尚、カットする位置は「ひび割れ」の大きさに準じます

写真の位置でのカットで

巾2MMまで対応出来ます

見本

柱との角度はこれくらいか

もう少し僅かに寝かせるくらいがベストです

下の写真と合わせて角度を確認して下さい

見本

写真を撮るために右手だけになっていますが

左手も軽く添えてください

少なくなるに従ってお尻のほうを丸めて

手の中に包み込むようにするのがコツです

生クリームを搾り出す要領です

左手の添え方もそれに似ています

見本

口金の先は常にウエスで拭いて

綺麗にしておきましょう

この様な異物が付いていると

下の写真のようになってしまい、平面が出ません

見本

中から出てくる異物もあるので

この様な作業の時は

使いかけの材料は使わない方が賢明です

また、中身が半分以下になったら

新しいのと取り替えてください

(半分以下になると押し出すスピードにむらが出てくる)

半分になった物は後で1本にまとめて

また使うので無駄にはなりません

見本

それでは順を追って見てみます

この線は順手ではなくバックハンドです

ひびの大きさは約2MM

追記:

これだけではなく、刷毛やパテベラ等

全ての道具をバックハンドでもこなせるようにしておきましょう

見本

口金を動かすスピードで吐出量を

調整します

シーリングを押し出す力は

一定に保ちます

押し出す力で調節しようとすると失敗します

スピードが速いと穴が開きます

また遅いとシーリングの両側にエッジが立ってしまいます

見本

近接写真です

カメラの性能上これ以上の接写は利きませんでしたが

柱を汚さずに直線がとれているのが

解ると思います

テープは一切使用していません

この方法を確立すると

6畳くらいの大きさだったら

全部のコーナーにシーリングを入れたとしても

30分位でその作業を終らせる

事が出来ます

見本

上:廻し縁、鴨居とのからみ

下:畳み寄せとのからみ

左右:柱とのからみ

100Mもやればコツが掴めるようになります

かく言う私も

この間久しぶりにこれをやったら

最初の10Mほどは散々でした

あまり間が開きすぎると感覚が鈍ってしまうようです

とにかく、アールにならないように

して下さい

慣れてくれば壁側にはみ出る

シーリングの厚みを

最小限まで薄くする事が出来ます

薄ければ薄いほどその跡は目立ちにくくなって来ます

見本