トップ

室内塗装におけるサッシなどへのテープ養生は

今や見馴れた物となりました

(昔はテープ養生などはしませんでしたが)

しかし和材などとの絡み部分は

これをしてはいけません

写真は洋間から和室へ

抜ける部分の見切りです

タモ材にステインを塗った所です

見本

この様に和材部分を

テープ養生している方がいますが

このような所はどんなにしっかりと

養生をしたとしても

必ずと言っていいほどネタが廻り込んでしまいます

見本

あまり浸透力のないOPを塗ったとしても

このようにネタを引っ張ってしまう事があります

↑の写真を御覧になって判るように

テープ養生をした上にさらに

テープを汚さずにダメ込んだ、としても

ネタが廻り込む事があります

見本

サッシなどのように

汚れても、簡単にそれを直せる所は

テープ養生をしてもいいのですが

そうではない、絶対に汚せないところは

「養生は厳禁です」

目で確認しながらこの様に

確実にダメ込んで下さい

見本

オイルステインを塗る時は

特に注意が必要です

和材にステインが染み込んでしまうと

後の処理がとても厄介になります

見本