トップ

瓦の補修工事をした時にサービスと言う事で外壁のクラック部分にシーリングをしたそうなんですが これが困った事にシリコンでべったりと、全くとんでもなく余計な事をしてくれました。

ほんとなら全撤去の後パターンを付け直すのですが、それでは費用がかかり過ぎるので今回は逆プライマーを 使う事にしました

見本

これはテストピースです

上から下まで黒いシリコンシールを塗りこみました

その上にフィーラー(白)、上塗り材(グレー)を塗りました

上半分にプライマー塗りました

見本

乾いた所でテープ検査です、先ずはフィーラー部分

見本

プライマー入ってない所はほぼ全部剥がれましたね

見本

次は上塗り部分

見本

ここもプライマー入ってない所はほぼ全部剥がれましたね

逆にプライマーの入ってる所はほとんど剥がれてません。よってこの現場はこの施工方法で 行きます

見本