トップ

着色時のトラブルで一番厄介なのが

この「ボンド」でしょう

着色前から解るのもあれば

塗って初めて顔を出すものもあります

右はボテッと落ちたボンド

左は拭き取られたボンドです

板はシナベニアです

見本

着色を施すとこの様にハッキリと現れてきます

見本

先ずは簡単な方から始末をつけていきましょう

見本

御解りかとは思いますが

この様なボンドの跡を

ペーパーでゴリゴリと擦ったりしてはいけません

どうにもならなくなります

見本

この様に盛り上がっているところは

切れ味のいい切り出し小刀を使います

見本

ポイントは切れ味の良い小刀を使う事です

これで薄皮を剥がすように削り取っていきます

見本

次に使うのはノミです

切れないノミを使うと生地が締まってしまい

色が付きません

見本

ボンドの稜線がボケるまで

ノミを立てて削ります

これくらい削れていれば十分です

見本

ステインを適宜塗りつけ

ペーパーで軽くこすります。(220番)

見本

次は少し広範囲に塗りつけます

同じようにペーパーでこすります

(広範囲に)

見本

ウエスで拭き上げリペア塗装終了です

見本