トップ

古い方の建具に合わせて新しい方を塗装します

見本

素材は洋ダモ

この仕事で難しいのは色合わせと

上塗りの艶を合わせる事です

着色は顔料系の着色材を使います

見本

着色の時に注意しなければならない事は

「ダメ込みは後から」

と言う事です

タモ材のような堅木は心配要りませんが

シナベニア等の着色でこれをやると

縦に切ったハケ目が残ってしまい

消す事は出来ません

着色の時だけはダメ込みは後からです

この様な着色はたいがい1回では決まりません

この着色も納得できる色になるまで

数回色を入れました

時間がない時はドライヤーで

強制乾燥させながら塗り重ねると良いでしょう

見本

着色剤を十分乾燥させた後

セラックニス及び艶合わせしたウレタンを塗ります

仕上がりはどちらがオリジナルか、判らないくらいになりました

見本