トップ

エアコンの取り付け工事の際

壁の一部が剥がれてしまいました

見本

フィーラーに骨材を混ぜた材料を塗り、テクスチャーを出します

見本

パターンが乾いた所で、何も混ぜていない

フィーラーを塗ります

既存の壁が

新規の時は、吹き付けリシン

塗替え時に、フィーラー→上塗り2回

と言う工程を踏んでいるので

私もその工程を再現します

見本

色合わせした材料を塗ります

見本

上塗りが半乾きになった所を見計らって

ウェザリングを施します

見本

ペンキが完全に乾けばウェザリングも定着して

不自然さもなくなります

見本