トップ

今日は遊び心を交えて

「アンティーク塗装」に挑戦してみましょう

全ての道具を100円ショップで揃えます

アンティーク塗装/写真立て

表題の通りの「写真立て」

これを「アンティーク風」に塗装して見ます

アンティーク塗装/写真立て

次は筆です

良質の馬毛使用と書いてありますが

とんでもない代物です

100円では高すぎます、30円でも利益が出るでしょう

アンティーク塗装/写真立て

次は「サンドペーパー」

アンティーク塗装/写真立て

320番、2枚

番号が小さいほど表面は荒くなっていきます

アンティーク塗装/写真立て

180番、2枚

番号の前に付いている「CC」とは

砥粒の種類を表します

アンティーク塗装/写真立て

120番、2枚

1袋に、合計6枚のペーパーが入っています

アンティーク塗装/写真立て

絵具及び筆が御自宅にある場合は

わざわざ買いそろえなくても大丈夫です

アンティーク塗装/写真立て

先ずは写真立てに付いている

余計な物を、ドライバーで外していきます

アンティーク塗装/写真立て

外した物はこの様に小さな容器に

まとめて置きましょう

アンティーク塗装/写真立て

全てのパーツが外れました

アンティーク塗装/写真立て

先ずは一番荒いペーパーで、ゴリゴリと削って行きます

平らな面が多いので最初はペーパーを下に置き

「写真立て」の方を動かして削ります

アンティーク塗装/写真立て

前の塗料をあまり残さない様に削ります

これだとまだ残りすぎなので、もう少し削りましょう

アンティーク塗装/写真立て

前の塗料の「残し具合」で「風合い」が決まるので

これは好みに応じて削ります

遊びなのでアバウトでOKです

とにかく楽しみながら、ゆっくりやりましょう

ん~、こんなもんかな?

アンティーク塗装/写真立て

細かな所や、狭い所は

この様にペーパーを折って使います

コツは使いやすい大きさにペーパーを折る事です

折らないと手が滑って思い通りに削れません

アンティーク塗装/写真立て

削った粉がかなり飛ぶので

出来れば屋外で削って下さい

アンティーク塗装/写真立て

ペーパーはだいたいこんな物でしょう

アンティーク塗装/写真立て

次は経年で付くであろう「劣化」の再現です

この様にコーナーがとんがっている事はありえないので

アンティーク塗装/写真立て

コーナーをペーパーで丸く取って行きます

チョット雰囲気、でて来ましたネ

アンティーク塗装/写真立て

ドライバーの様な何か固い物で

それらしき「キズ」を付けます

アンティーク塗装/写真立て

「アンティーク家具」で画像検索をかければ

参考になる本物がたくさん出てくるので

アンティーク塗装/写真立て

それを参考にしながらキズを付けましょう

アンティーク塗装/写真立て

こんなもんでいいかな

アンティーク塗装/写真立て

さあ!お次は着色です

アンティーク塗装/写真立て

「NHK特集」などでおなじみの

「古色」らしきものを付けましょう

私はこの3色を使います

アンティーク塗装/写真立て

この時「何色」を選ぶにしても

その中に黒は必ず入れるようにして下さい

アンティーク塗装/写真立て

色を作るのは結構難しいので

割りばしなどに塗って見て、その発色を見ながら

お気に入りの色を探して見て下さい

アンティーク塗装/写真立て

早速、塗って見ましょう

あまり水で薄め過ぎないのがポイントですが

薄くして何回か塗り重ねると言うのも、方法です

アンティーク塗装/写真立て

塗り終わったばかりの「写真立て」

アンティーク塗装/写真立て

時間がない時はヘアドライアーで強制乾燥させます

アンティーク塗装/写真立て

完全に乾いた所で再び「経年」の再現です

アンティーク塗装/写真立て

320番のペーパーを使い少しずつ擦ります

今回は「削る」のではなく「擦る」のです

アンティーク塗装/写真立て

しょっちゅう手で触るような所や

コーナーの部分を擦ります

アンティーク塗装/写真立て

正面も少し擦りましたが

「やりすぎ」には注意しましょう

わざとらしくなってしまい、余り良い結果は出ません

アンティーク塗装/写真立て
  

完成です

アンティーク塗装/写真立て