トップ

私が初めて現場に手伝いとして連れて行かれたのは

5~6歳の頃だったように思います

私が連れて行かれる現場のほとんどが新築現場でした。

手伝いと言っても子供にできることは限られています

現場に着くと最初にしなくてはならないのが掃除です

室内、廊下、階段にたまっているノコくずやカンナくずを箒で掃いていきます

ラスターではなくワラ箒(水箒)です

それが終わると職人さんがラワン材に刷毛で水を打っていきます

水が乾いてケバが立った所をペーパーでこすります

この様な仕事の合間を縫って汚れてしまったサゲツを焚き火で焼いていきます

程よく焼けあがったサゲツを火から出し熱が冷めるのを待って掃除をします

この時サゲツを太陽にかざして 穴が開いていないかをチェックします

だいたい5個に1個くらいの割合で穴が開いています、そして水洗い

水が完全に乾いた所で内側にセラックニスを塗り完成です

ともかく家業として塗装業を営んでいるような家の男の子は、

多かれ少なかれこの様な事を経験しているのではないでしょうか

しかしこの様な事も中学1年の夏休みを最後に終わりを告げました。

私がその手に再び刷毛を握るのはそれから6年後です

もっとも最初の1年くらいは刷毛は持たせてはもらえません

親父に影のように張り付いて只仕事を見ているだけです

そして何か足りない物があったりした場合それを取りに行きます

返事は「ハイ」「だって」とか「でも」と言うような言葉は許されません

これを「手元」と呼びます

私は当初、この様に「ただ仕事を見ているだけ」

という期間は、かえって仕事を覚える機会を逸してしまうのではないか?と思い

「早く刷毛を持たせて」もらえるよう

何度か直訴したのですがそのような意見はすべて黙殺されました

その日は突然やって来ました、あまりにも唐突でした

「塗ってみるか?」

場所は横浜、ドイツ下見、木造2階建ての西の面1階部分の窓の下

目の前に差し出された刷毛とサゲツと一緒にいまだ忘れる事のない瞬間でした

あれから40年以上が経った今あの期間(手元時代)の重要性を

しみじみと実感しております

極端かもしれませんが、今までの職人歴の中でも

あの1年間ほど仕事を吸収できた期間はないのではないかと思っています